電池材料

電池用バインダー

電池用バインダーラインナップ

負極用バインダー(水系)

リチウムイオン電池のさらなる高容量化に向けた市場要求に対して、負極の高密度化、Si活物質適用に関する開発が進められています。
新製品はポリマーの電解液中での繰返し引張強度を高め、充放電に伴う電極膨らみを抑制し、寿命特性の向上に貢献します。

優れた繰り返し強度
負極電極の膨らみ抑制特性

正極用バインダー(水系)

正極における電極製造プロセスの水系化は環境上及びプロセスコスト削減の観点から開発が進められています。ゼオンの機能性バインダーは小粒径のLFP(LiFePO4)と導電材の均一な分散によりサイクル特性向上に貢献します。

寿命特性の向上
200サイクル前後の電極厚み変化

機能層用材料

リチウムイオン電池の高容量化や車載用途への使用拡大に合わせ、電池への安全性向上への要求が拡大しております。安全性向上のため、セラミック粒子などからなる耐熱層をセパレーター、もしくは電極の表面にコートし、正極と負極の短絡を抑制する構造が実用化されております。
日本ゼオンは2003年に開発をスタートし、2005年に耐熱層用バインダーを上市、その後、市場拡大に伴い使用実績を広げています。

電池用シール剤

電池への「高温放置下での安全性」に対する要求に応える、高耐熱性を持つ封止剤です。

品名
BM-120S
特長
耐電解液性、高耐熱性、耐寒性
主な用途
円筒型リチウムイオン二次電池用
電池材料のお問い合わせ