Interview

S. Y.

製造管理

2017年入社 工学研究科化学工学専攻 卒

現在の仕事を詳しく教えてください。

プロセスエンジニアとして、既存の生産体制見直しや新規プロセスの立ち上げに関する設計業務を行っています。具体的には、設計に必要な情報収集から始まり、プロセスの確立、機器仕様の決定、制御システムの構築、適用法規対応、試運転・立ち上げまでを担当しています。
難しいところは業務の幅が広いところです。学生の頃に専攻していた化学工学の知識だけではなく、機械、計装、法律、操業方法などの幅広い視野を持って設計する必要があります。周りの人のコミュニケーションから情報を収集し、原理原則に基づいた考え方で設計を進めるよう意識しています。
自分が設計したプロセスや設備が実際に生産現場に設置され、そこから製品が生み出されることに仕事の魅力を感じます。

あなたが一番、“挑戦”した仕事を教えてください。

入社二年目にある生産プラントの増設設計を担当させていただいたことです。
それまでに担当していた設計業務に比べると規模が大きく、設計する機器の数や種類も多かったため、最初は自分にできるのか不安に思いながら探り探りで設計に取り掛かりました。
プロセスや操業方法を理解することから始まり、製品の特性に合わせた機器の選定、安全性に対する検討など、この業務を通してプロセスエンジニアとして多くのことを学ばせていただきました。それと同時に、関係部署や他メーカーの方との折衝能力や仕事の進め方などの社会人として必要なスキルについても学ぶことが出来ました。
大変な業務でしたが、先輩や上司がしっかりとフォローしてくださったおかげでやりきることが出来ました。今では、まだ二年目の若手だった私を大きな設計に挑戦させてくれた当時の上司に感謝しています。

仕事の中で、“つながり”を感じたエピソードは?

基本的に困っていると上司や先輩が手を差し伸べてくれるので、仲間との絆を感じることは多いですが、その中でも二年に一度あるプラント認定検査の際に特に絆を強めることが出来たと感じます。
私の勤める工場は二年間に一度、約二か月間の長い点検期間があり、その間に大きな工事や機器点検を行うのですが、三年目の時に一つのプラントの制御システム担当としてチームの取りまとめをしました。
現場オペレーターの人と協力しながら多数の機器の動作チェックや、工事の試運転などを行う中で自然と絆が深まり、今では気軽に仕事のこともプライベートのことも相談できる仲になりました。

自分を“磨くため”にしていることは
ありますか?

高圧ガス製造保安責任者や危険物取扱者など、興味のある資格、業務に活かすことのできる資格は積極的に取得しています。
また、私が勤める工場や本社の技術部門がプロセスエンジニア向けの教育カリキュラムを開催しているので、手を挙げて参加させていただきました。今年の冬からはDX研修も始まるので、これまで学んできたプロセス設計の知識や経験にデジタル技術を取り入れ、新たなツールを生み出せることにワクワクしています。手を挙げれば多くのことを学ぶことが出来る環境です。

オフの過ごし方を教えてください。

私の趣味は楽器演奏です。休日は同じ趣味を持つ職場の仲間たちとスタジオを借りてバンド練習などをしています。同好会もあるので、同じ趣味を持った仲間は見つけやすいと思います。
私の住んでいるところは、東京にも横浜にもアクセスが良く、近くにたくさんのお店があるので飲食店の食べ歩き(飲み歩き)などすることも多いです。

後輩になる学生へのメッセージと
就職活動のアドバイスをお願いします。

いろんな考え方があるので、就職先を決めるのは難しいと思います。自分の人生について見つめ直すいい機会でもあると思うので、自分の中で大事にしている軸を再確認し、後悔しないよう頑張ってください。

pagetop