CSR

人権

人権に関する方針

ゼオングループは、「CSR行動指針」の(人権の尊重・差別の禁止)において、性別・年齢・国籍などの属性による差別を受けることなく、多様な価値観を理解し、許容しあえる会社を目指しています。

日本ゼオン株式会社CSR行動指針(抜粋)

(人権の尊重・差別の禁止)

常に健全な職場環境を維持することに努め、人権を尊重し、差別につながる行為を行いません。

  1. 1出生、国籍、人種、民族、信条、宗教、性別、年齢、各種障害、趣味、学歴などに基づく非合理な差別を行いません。
  2. 2暴力、罵声、誹謗、中傷、威迫による業務の強制、いじめなどによる人権侵害行為は行いません。
  3. 3児童労働や強制労働を行わないことはもちろん、それを通じて生産された製品などは購入しません。

目標と実績

2020年のありたい姿
=「社会の期待に応えている」状態を目指す
現在実施している具体的活動
(△:継続、■:完了)
今後実施すべき検討事項

【グループ内およびサプライチェーンでの「人権尊重」の共有】

  • 全グループ会社およびゼオングループの取引先との間で、「ゼオングループ人権方針」が共有され、児童労働・強制労働の禁止が遵守されていることが確認されている。

■ 国連グローバル・コンパクトへの署名

■ ゼオングループ人権方針の制定

△ CSR説明会とeラーニングによる理解度確認等のCSR教育の継続

  1. 1グローバル・コンパクト10 原則ならびにゼオングループ人権方針に沿った活動をグループ全体に推進する。

CSRレポート2020

CSRレポートでは2019年度の取り組みについて、より詳しい報告を行っています。