COMPANY

会社情報

ご挨拶

ゼオンケミカルズ米沢株式会社は1996年4月26日に日本ゼオン株式会社の全額出資により設立された会社です。翌年の1997年4月よりリーフアルコール(青葉アルコール)のエステル類を主体とした合成香料の生産を開始し、続いて1998年4月よりRIM(Reaction Injection Molding 反応射出成形)用配合液の生産を開始しました。2004年5月には試作開発機能も兼ね備え、少量高付加価値品の生産を主体とした新化学品多目的プラントが稼動を始めました。また、2006年4月には日本ゼオン株式会社の化学品研究棟も完成し、親会社との緊密な連携のもと、新製品開発の一翼を担い、生産技術開発に鋭意取り組んでいます。

当社はお客様に優れた品質の製品を安定的に提供するとともに、市場環境の変化に対応して新製品・新技術開発にも積極的に挑戦し、ニーズに合った製品を今後も提供して行きます。

代表取締役 相村 義昭

代表取締役  相村 義昭

会社概要

当社は、石油化学メーカー日本ゼオン株式会社が化学品部門の拡大に対応するため、国内5番目の生産拠点として米沢の地に設立された会社です。最新のプラントから、世界トップシェアの合成香料、RIM配合液などユニークな化学品が順次生産されています。米沢の自然環境と共に私たち自身が誇れる企業体をめざして、ゼオンケミカルズ米沢の新しい挑戦が始まります。

代表者 代表取締役 相村 義昭
創業 1996年4月26日
工場稼働 1997年4月10日
資本金 9,000万円
事業内容 ※2015年7月1日現在
合成香料・医農薬中間体等の有機化学製品の製造及び開発
大型成形品用RIM(反応射出成形)配合液の製造

アクセス

本社地図
ゼオンケミカルズ米沢株式会社
〒992-1128 
山形県米沢市八幡原3-446-13
TEL : 0238-29-0055
FAX : 0238-29-0053
GoogleMap

当社は米沢市八幡原工業団地に位置しております。
最寄り駅 JR米沢駅

GoogleMap