ホーム> プレスリリース> プレスリリース(2019年)> 大型TV用光学フィルムの新規ラインの起工式を実施

大型TV用光学フィルムの新規ラインの起工式を実施印刷用ページ

2019年1月17日


PDF版はこちら(796KB)

日本ゼオン株式会社(社長:田中公章)は、福井県敦賀市の光学フィルム工場における大型TV向け位相差フィルムの製造ライン新設を2018年10月16日に発表しました。このたび1月17日、プラント建設予定地で起工式を執り行いました。2019年12月の完工を予定しています。

起工式には、西川一誠・福井県知事、渕上隆信・敦賀市長をはじめとする行政関係者、当社から田中社長、株式会社オプテスの赤谷社長など約40名が出席し、工事の無事安全を祈願しました。

当社の光学フィルム(製品名:ZeonorFilm®)は、シクロオレフィンポリマーを原料として世界初となる溶融押出法により生産されています。今後、特に大型TVのディスプレイ用に更なる需要拡大が見込まれる中、位相差フィルムとしては世界最大幅(2,500mm幅クラス)の生産を可能とするものです。

建設予定地は、当社グループ企業で製造子会社である株式会社オプテス 敦賀製造所(福井県敦賀市莇生野)の敷地内です。2019年12月の完工、2020年4月の稼働開始を予定しています。

起工式の様子(右が田中社長) 起工式の様子(右が田中社長)
完成予想図(赤枠の建物を建設予定) 完成予想図(赤枠の建物を建設予定)
メール本件に関するお問い合わせ
  • 日本ゼオン株式会社 CSR統括部門 広報室
  • Tel:03-3216-2747
お問い合わせフォーム
get ADOBE READER
ホーム> プレスリリース> プレスリリース(2019年)> 大型TV用光学フィルムの新規ラインの起工式を実施
Page top