ホーム> プレスリリース> プレスリリース(2018年)> ゼオンメディカルが、胆管ステントの新製品を上市           ~デリバリーシステムのスリム化で、QOLの向上に寄与~

ゼオンメディカルが、胆管ステントの新製品を上市           ~デリバリーシステムのスリム化で、QOLの向上に寄与~印刷用ページ

2018年1月29日


PDF版はこちら(625KB)

ゼオンメディカル株式会社(本社・東京都千代田区、社長・柳田 昇)はこのたび、胆管ステントの新製品「ゼオステント Ⅴ」を上市しました。デリバリーシステムの外径を細く、且つ、0.025インチのガイドワイヤ*1 に対応した本製品は、患者の身体への負担を軽減し、QOL*2 の向上に貢献することが期待されます。

日本ゼオン株式会社(社長:田中 公章)のグループ企業で医療器材事業を展開するゼオンメディカル株式会社は、循環器系、消化器系の各種デバイスを製造販売しています。

胆管ステントは、胆管閉塞を広げて胆汁の流れを確保する、金属製の網目の筒状の処置具です。悪性腫瘍の切除が不能な場合に、患者の生存期間中のQOLを維持するために使用されます。

「ゼオステント Ⅴ」は、患者の身体への負担を軽減するため、デリバリーシステム*3 の外径を1.8㎜と業界最小径としつつも、プッシャビリティ*4 を保持していることが大きな特長です。
加えて、デリバリーシステムの先端内径を狭め、ガイドワイヤとデリバリーシステムの段差を極力なくすことにより、更なる低侵襲を実現しました。従来品は外径0.035インチのガイドワイヤ対応の仕様でしたが、スリム化を目指した本製品は、業界初の0.025インチのガイドワイヤに対応する仕様となっています。

ゼオングループはこれからも、本業を通じて快適な暮らしの実現に向けて取り組んでまいります。


*1 ガイドワイヤ
カテーテル(医療用に用いられる中空の柔らかい管)を操作する際、先行して体内に挿入し、カテーテルの挿入を補助するワイヤ

*2 QOL
Quality Of Lifeの略。人がどれだけ人間らしい生活や自分らしい生活を送り、人生に幸福を見出しているか、ということを尺度としてとらえる概念

*3 デリバリーシステム
ステントを収納した状態でガイドワイヤに沿って留置部位まで送り、開放して留置する管状のデバイス

*4 プッシャビリティ
デバイスを体内に挿入する際の押し込み、追従性能。

ゼオステント<sup>™</sup> Ⅴ
メール本件に関するお問い合わせ
  • 日本ゼオン株式会社 CSR統括部門 広報室
  • Tel:03-3216-2747
お問い合わせフォーム
get ADOBE READER
ホーム> プレスリリース> プレスリリース(2018年)> ゼオンメディカルが、胆管ステントの新製品を上市           ~デリバリーシステムのスリム化で、QOLの向上に寄与~
Page top