ホーム> プレスリリース> プレスリリース(2017年)> 日本ゼオン、マイクロ流路チップなど試作受託サービス事業を開始

日本ゼオン、マイクロ流路チップなど試作受託サービス事業を開始印刷用ページ

2017年3月27日


PDF版はこちら(365KB)

日本ゼオン株式会社(社長:田中 公章)はこの度、熱可塑性透明樹脂シクロオレフィンポリマー ZEONEX®、ZEONOR®を用いたマイクロ流路チップ製品を中心とした試作受託サービス事業を開始致しました。

マイクロ流路チップ製品が使用される創薬および検査・診断分野は、先進国の高齢化や予防医療の観点から市場拡大が進んでおり、現在は高速・高感度で目的物を検出することができるデバイスに対する要求が高まっております。
当社は、様々な優れた特性を持つZEONEX®、ZEONOR®を使用した樹脂製マイクロ流路チップなどの試作品の成形加工受託を開始致します。基板の成形から流路切削加工、接合までワンストップで受託することで、低コスト・短納期・小ロットでのサンプル製作を実現します。また、用途に応じた最適グレードの紹介や推奨デザインの提案など、樹脂メーカーならではの視点で材料物性を活かした製品作りをサポート致します。

LCD用光学フィルムであるZeonorFilm®や各種レンズ等の光学用途および医薬品包装用途において需要が拡大しているZEONEX®、ZEONOR®は高い透明性を示し、自家蛍光が非常に少ないといった光学特性に優れており、低不純物、化学的安定性、高い防湿性、低吸着特性、低環境負荷等の特長を有することから、DNA・RNA解析、検査・診断デバイスにも好適な材料です。また転写性にも優れ、精密成形の実現が可能です。
当社では従来よりZEONEX®、ZEONOR®の成形加工製品を提供しておりますが、今回のマイクロ流路チップ製品の試作受託事業の強化は、多様化する医療・バイオテクノロジーの分野での高品質かつ手軽な分析・検査診断用チップのニーズに応えるものです。当社では今後も市場のニーズに対応した新製品・新サービスの提案を、スピードを持って積極的に行ってまいります。

詳しくは当社WEBサイトをご覧ください。

メール本件に関するお問い合わせ
  • 日本ゼオン株式会社 CSR統括部門 広報室
  • Tel:03-3216-2747
お問い合わせフォーム
get ADOBE READER
ホーム> プレスリリース> プレスリリース(2017年)> 日本ゼオン、マイクロ流路チップなど試作受託サービス事業を開始
Page top