ホーム> プレスリリース> プレスリリース(2017年)> 日本ゼオン、水島工場に石油樹脂Quintone ® の水添設備を導入へ

日本ゼオン、水島工場に石油樹脂Quintone®の水添設備を導入へ印刷用ページ

2017年1月10日

日本ゼオン株式会社(社長:田中 公章)は、水島工場(岡山県倉敷市)に石油樹脂「Quintone®」を独自技術で水素化する設備を導入します。
石油樹脂「Quintone®」は近年、衛生材料(紙おむつなど)用のホットメルト接着剤の材料としても使われています。
衛生材料の市場は需要が拡大していますが、この設備導入は、衛生材料用途で昨今高まっている臭気低減のニーズに対応するものです。衛生材料以外にも、自動車用絶縁テープや、低臭気・低VOCが求められる特殊な粘着テープへの用途への展開が可能となります。
投資金額の一部は、岡山県からの「拠点工場化等投資促進補助金」を活用します。

2017年1月に着工し、2017年7月の操業開始を予定しています。

メール本件に関するお問い合わせ
  • 日本ゼオン株式会社 CSR統括部門 広報室
  • Tel:03-3216-2747
お問い合わせフォーム
ホーム> プレスリリース> プレスリリース(2017年)> 日本ゼオン、水島工場に石油樹脂Quintone ® の水添設備を導入へ
Page top