ホーム> プレスリリース> プレスリリース(2015年)> 日本ゼオン、次世代薄膜ディスポーザブル手袋向け『Nipol® LX561』を上市

日本ゼオン、次世代薄膜ディスポーザブル手袋向け『Nipol® LX561』を上市印刷用ページ

2015年5月11日

日本ゼオン株式会社(社長:田中 公章)は2014年6月のNipol® LX560上市に続き、この度Nipol® NBRラテックスの次世代薄膜ディスポーザブル手袋向け新グレードとして「Nipol® LX561」を上市致しました。

「Nipol® LX561」は、薄膜加工時における引張伸び性能の大幅な向上を実現すると共に、加工性の改善によりピンホールをはじめとした歩留り悪化を抑え、現行世代品同等とする事に成功しました。
「Nipol® LX561」により製造された手袋は、手袋膜厚0.050mmにおいても欧州規格(EN455)で規定される破断引張強度(6N以上)を満たし、且つ装着時には快適な作業性を得る事ができます。
また、手袋市場需要が衛生管理への世界的な消費者意識の高まりを背景に増大する中、ユーザーニーズである手袋の薄膜化要求を満たすNBRラテックスには更なる需要拡大が見込まれています。

当社はこれまで培ってきた知見や最新技術を駆使し、今後も新たな価値を提供し続けてまいります。

メール本件に関するお問い合わせ
  • 日本ゼオン株式会社 CSR統括部門 広報室
  • Tel:03-3216-2747
お問い合わせフォーム
ホーム> プレスリリース> プレスリリース(2015年)> 日本ゼオン、次世代薄膜ディスポーザブル手袋向け『Nipol® LX561』を上市
Page top