ホーム> プレスリリース> プレスリリース(2015年)> 日本ゼオン、水島工場において熱可塑性エラストマーの生産能力を増強

日本ゼオン、水島工場において熱可塑性エラストマーの生産能力を増強印刷用ページ

2015年4月21日

日本ゼオン株式会社(社長:田中 公章)はこの度、粘・接着剤の主原料となる熱可塑性エラストマー(製品名;Quintac®)の水島工場における生産能力を年産42,000トンから60,000トンへ増強することを決定いたしました。

Quintac®シリーズは、C5留分から日本ゼオン独自の抽出技術・GPI法(ゼオン・プロセス・オブ・イソプレン法)により抽出された高純度のイソプレンモノマーを主な原料としたスチレンイソプレンブロックポリマー(SIS)です。

今回の生産能力増強は、昨今の粘・接着剤市場の伸びに加え、独自の分子設計による新規用途への展開を見込んで決定したもので、2016年5月の能力増強完了を予定しております。

メール本件に関するお問い合わせ
  • 日本ゼオン株式会社 CSR統括部門 広報室
  • Tel:03-3216-2747
お問い合わせフォーム
ホーム> プレスリリース> プレスリリース(2015年)> 日本ゼオン、水島工場において熱可塑性エラストマーの生産能力を増強
Page top