ホーム> プレスリリース> プレスリリース(2014年)> ゼオンメディカル社、エクストラクションバルーンカテーテルプラス「石流しオフセットバルーンカテーテル」を販売開始

ゼオンメディカル社、エクストラクションバルーンカテーテルプラス「石流しオフセットバルーンカテーテル」を販売開始印刷用ページ

2014年7月31日

日本ゼオン株式会社(社長:田中 公章)の100%子会社であるゼオンメディカル株式会社(社長:澤 宗樹)は、胆管結石などの内視鏡治療に使用するエクストラクションバルーンカテーテルプラス「石流しオフセットバルーンカテーテル」※1)を7月24日から販売開始いたしました。

本製品は胆管内の結石を内視鏡下においてかき出す処置具であり、従来品の「オフセットバルーンカテーテル」が持つ結石の捕捉性の良さと、「石流しEXバルーンカテーテル」※2)の排石性の良さという2つの特徴を合わせ持つことで、巨大結石から胆泥・胆砂までさまざまな結石を除去することができます。

【主な特徴】

・ユニークなバルーン形状による採石性の向上
結石などから外圧を受けてもバルーンの変形がほとんどなく、最後までしっかりと結石を捕捉して十二指腸内にかき出すことができる。

・指向性水流による排石機能の向上
独自開発のカテーテル構造により、指向性水流が十二指腸側へ向かってらせん状に流れ、遺残しやすい中切開以下の乳頭処置後症例や胆泥胆砂に対しての排石性が向上した。

・カテーテルの操作性の向上
3ルーメン構造によりガイドワイヤ使用時にも生理食塩水や造影剤の注入が可能(適合鉗子口径 3.7mm以上)となり、さらに造影注水用ルーメンを太径化にすることで注入抵抗を低減してハイフロー化を図っている。


ゼオンメディカル社は、「ゼメックスクラッシャーカテーテル(砕石)」や「ゼメックスバスケットカテーテルNT(採石)」など、症例に応じたさまざまな胆管結石除去用デバイスをラインアップしており、『石取りのゼオン』として、消化器内視鏡領域において胆管結石除去用デバイス全体で50%のシェア獲得を目指しております。


※1)「石流しオフセットバルーンカテーテル」及び「オフセットバルーンカテーテル」は、販売名「エクストラクションカテーテルプラス」の通称です。
※2)「EXバルーンカテーテル」は、販売名「エクストラクションバルーンカテーテル」の通称です。

エクストラクションバルーンカテーテルプラス1
エクストラクションバルーンカテーテルプラス2
エクストラクションバルーンカテーテルプラス3
メール本件に関するお問い合わせ
  • 日本ゼオン株式会社 CSR統括部門 広報室
  • Tel:03-3216-2747
お問い合わせフォーム
ホーム> プレスリリース> プレスリリース(2014年)> ゼオンメディカル社、エクストラクションバルーンカテーテルプラス「石流しオフセットバルーンカテーテル」を販売開始
Page top