ホーム> プレスリリース> プレスリリース(2013年)> 日本ゼオン、タイ国の石油樹脂新プラント増設工事完工 生産量倍増へ

日本ゼオン、タイ国の石油樹脂新プラント増設工事完工 生産量倍増へ印刷用ページ

2013年9月24日

日本ゼオン株式会社(本社:東京都千代田区、社長:田中 公章)は、子会社のゼオンケミカルズタイランド社(本社:タイ国ラヨン県、社長:磯崎 豊、以下「ZCT社」)において、C5石油樹脂の新規製造プラントの増設工事が完工し、竣工式を9月23日に執り行いました。
今回の増設によりZCT社は年産4万トンのC5石油樹脂を生産することとなり、日本ゼオン水島工場(岡山県)のプラントと併せ、ゼオングループ全体で年産8万トンのC5石油樹脂生産能力を有することになります。

C5石油樹脂は、粘着剤・ホットメルト接着剤あるいはトラフィックペイントなど幅広い用途において使用されており、近年はその需要が伸長しています。従来からの欧米での需要に加えて、今後アジア地域においても衛材向けを含めた粘着剤用途・トラフィックペイント用途で益々需要の伸びが見込まれています。 ゼオングループでは、今回の増設でグローバル供給体制の強化を図り、今後も旺盛な需要にこたえてまいります。

この度竣工となった新プラント
メール本件に関するお問い合わせ
  • 日本ゼオン株式会社 CSR統括部門 広報室
  • Tel:03-3216-2747
お問い合わせフォーム
ホーム> プレスリリース> プレスリリース(2013年)> 日本ゼオン、タイ国の石油樹脂新プラント増設工事完工 生産量倍増へ
Page top