ホーム> プレスリリース> プレスリリース(2007年)> 業界初の新技術で新しい位相差フイルムを上市

業界初の新技術で新しい位相差フイルムを上市印刷用ページ

2007年10月15日

位相差フイルムは、液晶ディスプレイの光学補償として使用されるが、一般には透明なポリマーフイルムを縦または横に延伸して製造される。しかし、従来の技術では、位相差フイルムと偏光板の貼り合せ工程では、位相差フィルムの打ち抜き、バッチでの貼り合せ方式が主流であり、連続での貼り合せ方式であるロールツーロール方式が採用できる液晶モードは限られていた。
今回開発した技術は、分子の配列方向を自由に制御できるところが大きな特徴であり、すべての液晶モードに対応して、位相差フィルムと偏光板のロールツーロール貼り合せが可能となる。


主としてこれまで原反フィルムの販売先である、中小型の携帯電話・ゲーム機用途向けからスタートするが、この技術の応用範囲は広く、今後大きく展開させてゆく。


オプテス富山工場高岡製造部(富山県高岡市二上新)に5,000千m2/年の生産設備を設置し、実機での開発を進めて来たが、この度ユーザーの評価で実用化の目途が付き正式販売に至った。

補足説明

1. 貼り合せ工程をバッチから連続化

画像1 画像1
画像2

2. 保護膜(TACフィルム)の削減で薄型化

画像3
画像4
メール本件に関するお問い合わせ
  • 日本ゼオン株式会社 CSR統括部門 広報室
  • Tel:03-3216-2747
お問い合わせフォーム
ホーム> プレスリリース> プレスリリース(2007年)> 業界初の新技術で新しい位相差フイルムを上市
Page top