ホーム> プレスリリース> プレスリリース(2004年)> ゼオン化成 前田道路(株)と共同でアスファルト舗装用融雪システムを開発

ゼオン化成 前田道路(株)と共同でアスファルト舗装用融雪システムを開発印刷用ページ

2004年11月17日

ゼオン化成(株)は17年前から発熱する導電糸を織り布した独自技術である線面発熱体を開発しており、①熱効率が良い ②均一な発熱が出来る ③発熱線が並列構造のため断線による能力低下が小さい等の特徴を生かし温熱フトン・床暖房用等に展開してきた。
この線面発熱体と、前田道路(株)の持つ特殊アスファルト系積層シート「スーパーシート」を組み合わせて開発した「スノーMZシート」は、発熱体がシート化されているために取り扱いが容易で、同様の電熱線システムと比べ飛躍的に工期を短縮し、早いものでは1日で工事が完了するシステムとした。さらに、前田道路(株)の持つ合材技術を展開し、舗装面に遠赤外線砕石を組み合わせることで、融雪効率を高め消費電力を低減し省エネも達成した。
本システムの販売・施工を担当する前田道路(株)は、04年度は東北地方から販売を開始し、05年度は北陸、北海道にも拡販していく計画である。

「スノーMZシステム」施工例 「スノーMZシステム」施工例
メール本件に関するお問い合わせ
  • ゼオン化成株式会社 生活機能品部
  • Tel:03-5470-8997

  • 日本ゼオン株式会社 CSR統括部門 広報室
  • Tel:03-3216-2747
お問い合わせフォーム
ホーム> プレスリリース> プレスリリース(2004年)> ゼオン化成 前田道路(株)と共同でアスファルト舗装用融雪システムを開発
Page top