ホーム> プレスリリース> プレスリリース(2004年)> 日本ゼオン、中国・広州市のCMB新工場完成

日本ゼオン、中国・広州市のCMB新工場完成印刷用ページ

2004年8月25日

当社は、合成ゴム事業の一環として海外CMB事業を積極的に展開しており、本工場はタイ国・ゼオンアドバンスドポリミクス社、中国・瑞翁化工(上海)有限公司に続く第三の海外生産拠点であり、また中国・華南地区においては唯一の日系CMBメーカーとなる。
中国での自動車生産が急拡大する中、日系及び欧米系自動車部品メーカーが中国への生産シフトを加速させており、急速にCMB需要が拡大している。さらに、ニーズも多様化、高品質化しており、当社はこれらに逸早く対応できる供給体制を整備することで、一層のCMB事業拡大を目指す。さらに、華東地区におけるCMB生産・販売拠点である瑞翁化工(上海)有限公司、瑞翁貿易(上海)有限公司との連携による相乗効果を発揮させることで、中国における合成ゴム事業の更なる拡大、発展を図っていくとともに、当社が世界No.1シェアをもつ耐油性特殊ゴム(ニトリルゴム、アクリルゴム、エピクロルヒドリンゴム)を原料としたCMBの中国での拡販により、ナンバーワンの地位を一層強固なものにすべく注力していく。

1. 新会社の概要
(1) 社名:   瑞翁化工(広州)有限公司
        (英文名:Zeon Polymix (Guangzhou) CO., LTD)
(2) 設立日:  2003年7月16日
(3) 所在地:  中国広東省広州市経済技術開発区永和経済区井泉一路
(4) 資本金:  300万USドル
(5) 出資比率: 日本ゼオン 30%、ゼオンポリミクス 30%、
         豊田通商  30%、東京材料 10%
(6) 生産能力: 5,000トン/年
(7) 董事長:  南 忠幸(日本ゼオン(株)取締役ゴム事業部長)
(8) 投資金額: 約4億円

メール本件に関するお問い合わせ
  • 日本ゼオン株式会社 CSR統括部門 広報室
  • Tel:03-3216-2747
お問い合わせフォーム
ホーム> プレスリリース> プレスリリース(2004年)> 日本ゼオン、中国・広州市のCMB新工場完成
Page top