企業情報
ホーム > 企業情報 > 会社概要 > 徳山工場

徳山工場印刷用ページ

1965年8月、温暖かつ風光明媚な瀬戸内海地域と冷涼かつ秀麗な山間地域を併せもつ山口県徳山市(現:周南市)に、自社のブタジェン抽出技術であるGPB法によるモノマーを活用した汎用合成ゴムの主力工場として誕生。
その後、特殊合成ゴム、合成ラテックスの設備も完成、1995年に重合法トナー製造設備稼働開始。現在では、タイヤ・樹脂改質用汎用ゴム、自動車部品用特殊ゴム、樹脂改質・紙加工・手袋用ラテックス及び重合法トナーを生産している。
工場敷地面積237,300m2を擁し、世界でも有数の規模を誇る合成ゴムの工場である。生産した合成ゴムの約半分は近隣の徳山港から欧米、アジア等世界に向けて輸出している。徳山工場はゼオンの素材事業の中核工場として、グローバルな活動を展開している。

主要製品

  • 徳山工場

スチレンブタジエンゴム、ポリブタジエンゴム、ニトリルゴム、エピクロルヒドリンゴム、スチレンブタジエンラテックス、ポリブタジエンラテックス、ブタジエンモノマー、重合法トナー、単層カーボンナノチューブ


イベント情報

7月「和楽踊り大会」

周辺地図

  • 徳山工場周辺地図

住所:〒745-0023 山口県周南市那智町2-1
TEL:0834(21)8501 FAX:0834(21)8793
●徳山駅より東へ徒歩7分

広域地図

  • 徳山工場広域地図

住所:〒745-0023 山口県周南市那智町2-1
TEL:0834(21)8501 FAX:0834(21)8793
●JR山陽本線「徳山駅」より下車徒歩7分

Page top