CSR活動
ホーム > CSR活動 > 取引先とのかかわり

取引先とのかかわり印刷用ページ

調達に関する方針

当社の調達に関する方針は以下の通りです。
2012年度以降は「CSR調達」の取り組みを整備。従来のQCDにCSRの視点を取り入れた「CSR調達ガイドライン」「お取引先さまへのお願い」を策定しました。

※品質(Quality)、価格(Cost)、納期(Delivery)を管理・改善する生産管理の仕組み

CSR調達ガイドライン
  1. CSR調達
    私たちは、CSR基本方針にもとづいた調達活動を推進します。
  2. 最適な原材料・製商品・サービスの調達
    私たちは、よりよい製品を提供するため、品質・価格・納期・供給安定性・技術開発力を満たした最適な原材料・製商品・サービスの調達に努めます。
  3. 地球環境への配慮
    私たちは、地球環境への負荷がより少ない原材料・製商品の調達に努めます。
  4. 開かれた購買姿勢とパートナーシップ
    私たちは、お取引先さまをグローバルな視点で広く世界に求め、対話を通じてパートナーシップを構築し、公正・公平な取引機会の実現に努めます。

お取引先さまへのお願い
  1. 企業倫理を守り、コンプライアンスの徹底をお願いいたします。
  2. 人権を尊重し、労働環境に対する配慮をお願いいたします。
  3. 環境に配慮し、安全性が確保された原材料・製商品・サービスの提供をお願いいたします。
  4. 競争力のある品質・価格を有する原材料・製商品・サービスの提供、及び合意した納期の遵守をお願いいたします。
  5. パートナーシップ構築にあたり積極的な情報提供をお願いいたします。また取引を通じて当社が開示した情報については厳密な管理をお願いいたします。当社も同様の管理をお約束いたします。

調達に関する取り組み

取扱禁止物質を定め、各法令・RoHS指令で規制された物質の含有の有無をチェックするなどの活動を行うとともに、製品に含有する物質の積極的な開示に努めています。
2013年度には、お取引先さまへのアンケート調査を実施しました。今後はサプライチェーン全体へのCSR調達浸透のため、サプライチェーンマネジメントの考え方をまとめCSR方針共有のしくみを構築していきます。

目標と実績

具体的課題と目標 2015年度実績 自己評価 2016年度目標
CSR調達ガイドラインの制定と実態把握、取引先との共有 取引先との共有(面談実施等) ★☆☆ サプライチェーンマネジメントの考え方をまとめ、CSR方針共有のしくみを構築する

ホーム > CSR活動 > 取引先とのかかわり
Page top