CSR活動
ホーム > CSR活動 > 安全 > 環境安全教育

環境安全教育印刷用ページ

計画的な環境安全教育

環境安全教育は、各事業所で年間計画を立てて実施しています。
本社環境安全部主催の全社共通の環境安全教育と、各事業所主催の事業所に密着した環境安全教育を行っています。

本社主催の教育

本社環境安全部主催で、本社で実施する教育と事業所での教育訓練活動を行っています。教育を通じて、事故・労働災害の撲滅と発生時の拡大防止に努め、地域に信頼される事業所を目指しています。

管理者・監督者教育

新任課長研修
新任の製造課長、設備管理課長、環境安全課長を対象に毎年実施しています。
研修内容は、ゼオンの安全体系に基づいた安全活動、安全管理者として理解すべき安全配慮義務、環境安全関係法と環境安全に関する社内規則、保安四法の概要、保安管理システム等です。
2015年度は1回(対象者2名)の研修を実施しました。

OB(工場長経験者)による安全教育

  • 事故事例教育(川崎工場) 事故事例教育(川崎工場)

事故事例教育
過去に起きた事故の教訓を風化させず、「事故の教訓を学び、今後の仕事に生かすこと」「潜在危険に関する感受性・保安意識を向上させること」を目的に、2003年度から実施しています。
工場長経験者の講師が工場全従業員を対象に、自社・他社の事故事例を具体的に紹介し、事故の恐ろしさ、原因解析と再発防止対策などを伝える集合教育です。
2015年度は、爆発火災事例および講師の体験を踏まえた加工分野での安全文化構築への挑戦を紹介していただきました。


新入社員への環境安全教育

本社採用新入社員
工場実習中の労働災害の事例を紹介し、職場で決めたルールを「ちゃんと守る」ことの大切さを教育。

事業所採用新入社員
環境安全にかかわる基本事項の教育。

事業所主催の環境安全教育・訓練活動

保安・環境関連法令教育
各事業所とも、年間計画に従って実施しています。

訓練活動
年度計画に従って各種訓練を実施しています。訓練後は問題点を抽出し、計画的に改善を進め、緊急時の対応能力向上に努めています。
  • 総合防災訓練 年1~2回、地震、津波を想定した防災訓練や避難訓練を実施
  • 個別訓練 自衛防災組織の各防災隊の訓練、通報訓練

「安全塾」の設置

  • 「安全塾」の足場教育用展示物 「安全塾」の足場教育用展示物

水島工場では、安全のさまざまなルールを体験する「安全塾」を設置しています。「水島工場安全塾運用基準」に規定する「工場安全ルール理解度シート」による理解度確認と、展示物による教育を実施し、協力会社を含む水島工場従業員の安全ルールの理解を深める活動を行っています。


安全体感教育の導入

  • ロール巻き込まれ安全体感教育 ロール巻き込まれ安全体感教育

2014年度に川崎工場に導入した安全体感装置(挟まれ巻き込まれ、静電気燃焼・爆発、カプラー残圧衝撃)と同じものを徳山工場、水島工場、高岡工場に設置しました。
2015年度は、研究所、常駐協力会社、近隣グループ企業の従業員へ教育対象を広げました。また、新たな教育項目として、物の落下、安全帯ぶら下がり、切れ体感を追加しました。
今後は、計画的に繰り返し教育を進めていきます。


ホーム > CSR活動 > 安全 > 環境安全教育
Page top