CSR活動
ホーム > CSR活動 > 安全 > 化学品の安全情報

化学品の安全情報印刷用ページ

情報提供~化学製品が適切に取り扱われるために

すべての製品について、GHS※1分類結果、製品の危険有害性、取り扱い時の注意事項などを記載したSDS(安全データシート)を提供しています。
また、一部の製品について、安全性に関する情報を安全性要約書として、GPS/JIPS※2のWebサイト(ICCA GPS Chemicals Portal Site)で公開しています。

※1 GHS
Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals, 化学品の分類および表示に関する世界調和システム
※2 GPS/JIPS
Global Product Strategy/Japan Initiative of Product Stewardship,
GPSは国際化学工業協会協議会(ICCA: International Council of Chemical Association)が進めている化学品管理の新たな自主的取り組み。日本では日化協がJIPSとして会員会社に参加を呼びかけ推進している。

化学産業界の自主活動への参加

化学物質の有害性調査や安全性評価、環境影響調査などについて、LRI※3研究活動へ資金を援助し、IISRP※4極東部会では環境問題に関する調査・対策の検討と推進活動に参加しています。

※3 LRI
Long-range Research Initiative, 化学物質が健康や環境に及ぼす影響に関する研究を長期的に支援する活動。国際化学工業協会協議会(ICCA)の自主活動の一つで、LRI会員企業から出資された基金をもとに、日米欧の化学産業界(日本化学工業協会、米国化学協議会、欧州化学工業連盟)の協力下で進められている。
※4 IISRP
International Institute of Synthetic Rubber Producers, 国際合成ゴム生産者協会

ホーム > CSR活動 > 安全 > 化学品の安全情報
Page top