CSR活動
ホーム > CSR活動 > 安全 > 目標と実績

目標と実績印刷用ページ

2015年度目標と実績の総括

★★★目標達成 ★★目標ほぼ達成 ★さらに取り組みが必要

推進項目 2015年度目標 2015年度実績 自己評価 2016年度目標
保安異常の撲滅 (1)プラント安全性評価の実施(100%) (1)プラント安全性評価の実施(100%) ★★★ (1)プラント安全性評価の実施(100%)
(2)RC監査※1の実施(4工場とも1回/年以上) (2)RC監査の実施(4工場・1研究所 各1回実施) ★★★ (2)RC監査の実施(4工場・1研究所とも1回/年以上)
(3)事故防止のための感性を高める教育(4工場・1グループ会社実施) (3)事故防止のための感性を高める教育(4工場・1研究所・本社・1グループ会社実施) ★★★ (3)事故防止のための感性を高める教育(4工場・1研究所・本社・1グループ会社実施)
(4)保安異常※2ゼロ 保安異常3件 (4)保安異常ゼロ
労災撲滅の実現 (1)休業災害ゼロ、重大不休業災害ゼロ 休業災害2件 (1)休業災害ゼロ、重大不休業災害ゼロ
物流安全の推進 物流事故ゼロ 物流事故ゼロ ★★★ 物流事故ゼロ

*2013年から、プラント安全性評価の実施件数は公開していません

PDFで開く

※1 RC監査
レスポンシブル・ケア行動指針に基づいた監査。環境安全部長を監査長として、専門的視点で行う監査をRC監査と呼んでいます。
※2 保安異常
出火、爆発、漏洩、破損、暴走反応等が発生したとき。あるいは、それらの発生にいたらなかったが、処置が遅れれば発生の可能性のあったもの、およびその兆候が見られたものを保安異常と社規に定義しています。


労働災害の多かった時期(2005年~2007年)と比較すれば減少はしましたが、目標(ゼロ)を達成することはできていません。減少で満足するのでなく、あくまでもゼロにこだわった安全活動を展開していきます。

目標と実績PDF
過去の目標と実績のPDFはこちらをご覧下さい。

ホーム > CSR活動 > 安全 > 目標と実績
Page top