CSR活動
ホーム > CSR活動 > 組織統治

組織統治印刷用ページ

コーポレートガバナンス

日本ゼオンは、株主をはじめとする多様なステークホルダーの利益を尊重し、利害関係を調整しつつ収益を上げ、企業価値を継続的に高めることを目指します。その実現のために、コーポレートガバナンスを通じて効率的かつ健全な企業経営を可能にするシステムを構築する努力を継続します。

また、内部統制システムを整備することにより、各機関・社内組織の機能と役割分担を明確にして迅速な意思決定と執行を行います。その経過および結果については適切な監視と情報公開を行い、経営の透明性の向上に努めます。

コーポレートガバナンスの基本方針と運用に関する詳細な報告は下記をご覧ください。

リスクマネジメント

危機管理委員会がゼオンのリスクマネジメントを推進しています。
法令違背の防止や法令遵守についてはコンプライアンス委員会のもとで活動しています

目標と実績

2020年のありたい姿
=「社会の期待に応えている」状態を目指す
現在実施している具体的活動と実績
(△:継続、■:完了)
今後の取り組みと目標値
【説明責任と透明性を伴った意思決定】
組織の意思決定が、社規に基づいて適正に行われている
各部署の業務は、方針展開に基づいてPDCAサイクルが回っている
意思決定において、社会や環境に対する影響が考慮される仕組みがある
△CSR推進体制における社規整備の仕組み(社規化→通常業務化)
※現在実施していることの詳細については
日本ゼオンコーポレートガバナンス基本方針
コーポレートガバナンス報告書
CSR推進体制の継続と、社会的要請に基づく定期的な運用見直し
【内部統制】
内部統制が有効に合理的に機能している
多くの業務処理が社規に基づいて設計された基幹業務システムにより処理され、処理の誤りが極めて低い体制が構築されている
統制に対するリスクが発生した際には、適正な権限に基づき、適切に解決する仕組みが運用されている
△内部統制報告(業務適正を確保する体制の運用状況)
△業務システム化推進
△コーポレートガバナンスコードに対応した内部統制活動推進
グループ企業での内部統制レベル向上
【リスク管理】
BCMシステムがグループ全体に展開され、各種BCPが訓練等を通じて定期的に見直されている
コンプライアンスホットラインが適切に運用されている
■事業継続マネジメント(BCM)の検討・確立
△原材料調達計画および製品供給計画(BCP)の作成と定期的見直し
■内部通報制度の運用
大災害時の事例を踏まえたBCPの見直し
訓練を通じたBCM体制の浸透・定着
リスク一覧表の見直しとグループ全体への展開
事業リスク以外にもESGリスクも含める

CSRレポート2017

CSRレポートでは2016年度の取り組みについて、より詳しい報告を行っています。

ホーム > CSR活動 > 組織統治
Page top