CSR活動
ホーム > CSR活動 > 環境 > 目標と実績

目標と実績印刷用ページ

2015年度目標と実績の総括

★★★目標達成 ★★目標ほぼ達成 ★さらに取り組みが必要

推進項目 2015年度目標 2015年度実績 自己評価 2016年度目標
環境異常の撲滅 環境異常ゼロ 環境異常ゼロ ★★★ 環境異常ゼロ
環境負荷の低減 (1)大気汚染有害物質の自主管理計画の推進
アクリロニトリル排出量10トン以下 5.5トン ★★★ アクリロニトリル排出量5トン以下
(2)産業廃棄物のゼロエミッション化計画の推進
5トン以下 3.5トン ★★★ 5トン以下
国内グループ会社産業廃棄物最終埋立量7.5トン以下
(埋立処分率:2007年度排出量基準)0.3%
5.9トン ★★★ 国内グループ会社産業廃棄物最終埋立量7.5トン以下
(3)省エネルギー全社プロジェクトの強化
エネルギー原単位1990年度比64.5%
(生産量当たり)
68% エネルギー原単位1990年度比64%以下
CO2排出原単位1990年度比67.5% 68% CO2排出原単位1990年度比67%以下

PDFで開く

2015年度は環境異常ゼロを達成しました。
また、日本ゼオンの事業所では2011年度に達成した産業廃棄物ゼロエミッションを継続しています。グループ企業については、600トン以上最終埋立処分をしていた2007年度の0.3%を目標とし、これを達成しました。今後もこの状態を継続します。
アクリロニトリルの排出量削減は、対応設備の導入も含め、現在検討中です。
今後も継続してエネルギー原単位およびCO2排出原単位の年平均1%削減に取り組んでいきます。

※ 環境異常
社規に、「環境関連の法令に定められた基準はもちろん、自らが定めた基準を外れたとき。あるいは、基準は外れなかったが、標準どおりの処置では基準を外れる可能性があったとき。および、基準は定めていないが、苦情を受けたとき、あるいは放置すれば苦情を受けた可能性があったとき。」と定義されています。

目標と実績PDF
目標と実績の総括表のPDFはこちらをご覧下さい。

ホーム > CSR活動 > 環境 > 目標と実績
Page top