CSR活動
ホーム > CSR活動 > 環境 > 温室効果ガス排出量削減・省エネルギー

温室効果ガス排出量削減・省エネルギー印刷用ページ

温室効果ガス(CO2)排出量削減への取り組み

「エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)で定義される燃料由来のCO2排出量を2020年度までに1990年度の80%とする」という目標を設定し、CO2排出量削減に取り組んでいます。2010年度からはZΣの評価項目にCO2削減効果も加え全社をあげてCO2削減に取り組んでいます。
2015年度のCO2排出量は約553千トン/年でした。

※ ZΣ:ゼオングループの総力を結集させて進めるゼオン流の企業体質強化活動。従来「ZΣ運動」と呼称していたが、取り組みの進化と定着により「運動」の段階を脱したと判断し、呼称を「ZΣ」とした。


CO2排出量推移

  • CO2排出量推移

省エネルギーへの取り組み

2015年度の原油換算エネルギー使用量は約215千kL/年で、1990年度の68%でした。今後は年平均1%ずつエネルギー原単位を改善する計画です。

エネルギー使用量と原単位指数の推移

  • エネルギー使用量と原単位指数の推移

エネルギー原単位指数は、日化協目標(2008年度~2012年度)である1990年度の80%を2009年度に達成してから2015年度まで維持しています。2010年度以降は年平均1%ずつエネルギー原単位を改善する計画で進めています。

ホーム > CSR活動 > 環境 > 温室効果ガス排出量削減・省エネルギー
Page top