CSR活動
ホーム > CSR活動 > 社員とのかかわり > 雇用と多様性

雇用と多様性印刷用ページ

ゼオングループは、性別・年齢・国籍などの属性による差別を受けることなく、多様な価値観を理解し、許容しあえる会社を目指しています。

日本ゼオン社員に関する基本情報(単体・非正社員含まず)

2016年3月31日現在(月末退職者除く)

  男性 女性 合計
社員数(名) 1,450 174 1,624
採用者数(名) 新卒※1 32 13 45
中途※2 10 1 11
平均勤続年数(年) 15.91 13.18 15.61

うち外国籍社員 男性6名 女性6名 合計12名
※1 2016年4月入社者
※2 2015年4月~2016年3月入社者

採用実績

2016年度新入社員として、ゼオングループで78名(高卒・高専卒・大卒)を採用しました。
また、2015年度の中途採用者は日本ゼオン単体で11名でした。

障がい者雇用

2015年度の障がい者雇用率は、当社単体で2.23%となり、法定雇用率の2.0%をクリアしました。
当社は化学メーカーであることから、特に危険物や回転機器などを取り扱う研究所や工場では、安全に配慮しながら、今後も障がい者雇用の拡大に取り組んでいきます。

障がい者雇用率の推移

  • 画像1

定年退職者の再雇用

当社グループでは、能力とやる気のある社員が、定年後もいきいきと働ける再雇用制度を導入しています。2015年度は、定年退職者93名のうち75名(80.6%)が引き続き当社グループで活躍しています。

定年退職者再雇用率の推移

  • 画像2

女性視点の活用

2009年1月に発足した「MD(ムダ取り)委員会」も8期目となり、2016年度も全社で60名の女性社員が2つのC(CSRとコストダウン)と2つのMD(ムダ取りとムードづくり)をスローガンにMD活動を進めています。直接金額換算できるムダ取り提案だけでなく、働きやすい環境づくり・対話推進にも取り組み、各々の事業所・職場で、創意工夫を凝らした着実な活動が進められています。

Page top