社員紹介interview

突拍子もない提案でも、
話をする機会を
与えてくれる。

本社 総合生産センター
設備管理部

SHO

Q.入社のきっかけ(志望動機)を教えてください。

A.

就活当時、就活担当教授からの一つの情報として、「化学業界でも機械専攻の技術職が求められている」と聞き、エントリーしてみたことがきっかけです。
他にも機械技術者が求められる機械以外のメーカー会社は数多くありましたが、人事担当者・OBの方と話した印象や就活担当教授からの会社の説明で、「ゼオンは非常にフランクに仕事が出来る会社」とわかったのも大きな志望理由のひとつです。

Q.お仕事の内容とそのやりがいを教えてください。

A.

昨年、カーボンナノチューブを用いた伝熱シートの開発プラント(パイロットプラント)建設に携わりました。ゼオンは化学メーカーであり、多くの人は コンビナート地区にあるような、化学プラントで製品を作っているイメージをお持ちかと思います。ですが近年は、フィルムやシートのように、成形機や裁断機を用い固形物を加工して製品にする生産施設も建設が進められています。
前述のパイロットプラントも数々の機械装置を使ってシート製品を作ろうとするものでした。製品プロセスの開発者・各工程の装置設計者や、建設する工場の担当者と話し合ってプラントレイアウトを決定し、建設を進めて行きました。建設が終わってから見える反省点も数多くありましたが、そのプラントから作られた試作品を見ることができたときは、非常に安堵したことを覚えています。

Q.あなたの夢を教えてください。

A.

夢というか仕事の目標ですが、メンテナンスにせよ建設にせよ、その仕事に関わる人の元に、必要な情報が必要なときに届くように、仕事の仕組みをどんどん変えていければ、と考えています。
全ての仕事、機械の取り扱いについて、すべての人がプロになることは不可能なので、いろんな人の経験したノウハウが集まり、その仕事に携わる人が簡単に学習できる仕組みを思い描いています。

Q.あなたにとって、ゼオンはどんな会社ですか?

A.

話のし易い会社だと思います。例え突拍子もない提案でも、とりあえず話をする機会を与えてくれる。検討不足なことも多々あるのですが、それを話してみることで自分に足りていなかった考え方に気付かせてもらえます。