社員紹介interview

本人の意見を尊重し、
業務を任せて貰える。

本社 総合生産センター
設備管理部

KAZU

Q.入社のきっかけ(志望動機)を教えてください。

A.

前職は航空機の整備士で、2011年にキャリア採用で入社いたしました。前職は、どちらかと言うと、決められた整備作業をマニュアル通りに如何にしてミスなく、精度よく実施する業務が主でした。既存の業務を如何に精度良くこなすかという視点も大事ですが、既存の業務の問題点を洗い出し改善する事や、業務そのもののやり方を変えることや新しいやり方を考案することも大事な視点です。整備に従事する一整備士から、業務そのものの方策を企画立案する一技術スタッフとして活躍の場を広げたく入社いたしました。

Q.お仕事の内容とそのやりがいを教えてください。

A.

本社の設備管理部の技術スタッフとして、プラント設備の管理業務と改善業務を担っております。本社は工場と違い直接的に設備を扱うことはありませんが、工場の設備管理に係る情報を収集・解析し、必要に応じて対策を立案し、全社の設備管理レベルの向上に努めております。一口に設備管理に係る情報と言っても、工場の設備トラブル情報から設備を維持する為の修繕費用、また固有の技術情報等、様々です。改善業務では、全社的な改善の取組みが主で、設備の保全マニュアルの策定や予備品を含めた保全部品管理の仕組みを全社的施策として企画立案しております。
ゼオンは、プラントの装置を製造するメーカーでも設計施工するエンジニアリング会社でもなく、製品を生産する装置産業に該当する化学メーカーであるので、設備の仕様や設計施工に係る情報に加えて、実際に設備を使用するユーザー側の立場としてのノウハウを活かして如何に固有技術に落とし込んで行くかが重要な視点となります。その中で、自分の考えを持って企画立案したものが反映できるということは、やりがいがあります。設備管理と言っても業務範囲は幅広く、一概に一つの専門知識では括れません。設備管理は、機械工学、電気電子工学等の設計工学や制御工学、システム工学等の生産工学等、他にも経営工学の分野のありとあらゆる専門知識を応用し発展させる場でもあります。色々な分野を経験することで単純に知識を蓄積できるだけでなく、広い視野が手に入ります。現に業務を行う過程では、工場スタッフはもとより、様々な部署と協力しながら進めていきます。こういった異なる専門分野の人と身近に一体となって業務を進められるのもゼオンの魅力であると感じます。

Q.あなたの夢を教えてください。

A.

近年、インダストリー4.0やIoT、ICTという言葉を良く聞くようになりましたが、設備管理においても、こういった新しい技術を導入検討していくことも大事なことです。私自身も設備点検業務の改善のため、ICTを用いたタブレット&クラウドシステムの導入を検討しています。狙いは、ルーチン化された定型業務から知見に基づく付加価値業務へシフトさせていくことですが、ここでも言うまでもなく、点検業務から得られるユーザーとしての固有の情報、ノウハウを結集し、ゼオンオリジナルの点検システムを構築することが重要なポイントとなってきます。現状、国内工場でのトライアルに留まっておりますが、上手く形にして、海外工場、国内関連会社を含め、全社展開を視野に導入していきたいです。

Q.あなたにとって、ゼオンはどんな会社ですか?

A.

本人の意見を尊重し、業務を任せて貰える風土があるので、自分の目標が高ければ高い程、責任は大きくなりますが、やりがいのある業務に従事できると思います。