製品・事業

特殊化学品-ゼオローラ®H印刷用ページ

ゼオローラ®H

オゾン層破壊、地球温暖化が世界的に議論されている中、地球規模での環境対策がより必要になってきています。特定フロン(CFC)の代替物として使用されている代替フロン類(HCFC類)も、小さいとはいえオゾン層破壊係数を有することから、2020年に実質的に生産が全廃されることが決定しています。ゼオローラ®Hは、オゾン層破壊能を持たない第三世代のフッ素系溶剤(HFC)で、優れた環境特性を有するだけでなく、他のフッ素系洗浄剤に見られないさまざまな特性を有しています。

Page top

特長

洗浄性・溶解性

  • 油に対する溶解力を有する(軽質加工油、シリコーンオイル、シリコーングリース等)
  • 各種溶剤との相溶性に優れる
  • フッ素系ポリマーの溶解性

環境特性・安全性

  • オゾン層破壊係数が"ゼロ"
  • 大気寿命が短く、地球温暖化に与える影響が極めて小さい
  • 不燃性
  • 熱的安定性

ランニングコスト

  • 液回収が容易
  • 沸点が高く消耗が少ない。

※ゼオローラ®HはSNAPに収載され制限無く使用可とされています。
※消耗量はHCFC-225の半分以下に抑えることが可能です。

Page top

洗浄イメージ図

画像1
Page top

環境特性

フッ素系溶剤環境物性比較
分類 C-HFC HCFC HFC HFC HFE HFE
化合物 ゼオローラ®H HCFC-225cb HFC-43-10mee HFC-365mfc HFE-449s1 HFE-347
pc-f
構造式 c-C5F7H3 CCIF2C
F2CHCIF
CF3CF2
CHFCHFCF3
CF3CH2
CF2CH3
C4F9OCH3 CHF2CF
2OCH2CF3
オゾン破壊係数(ODP) 0 0.03 0 0 0 0
大気寿命(year) 3.4 5.9* 16.1* 8.7* 4.7* 6.0*
GWP(100year) 195** 525* 1650* 804* 421* 889*
  • * は気候変動に関する政府間パネル(IPCC AR25)によるデータ
  • ** IPCC AR25に準じて算出
Page top

ゼオローラ®H/ゼオローラ®HTAの基本物性

ゼオローラ®H ゼオローラ®HTA
比重[25℃] 1.58 1.50
沸点(℃) 82.5 82
表面張力(mN/m)[25℃] 20.25 18.67
凝固点(℃) 20.5 6.0~10.0
引火点(℃) なし なし
KB値 14 20
主な用途 溶剤用途 洗浄剤用途
フッ素系溶剤物性比較
分類 C-HFC HFC HFC HFE HFE HFE
化合物 ゼオローラ®H HFC-43-10mee HFC-365mfc HFE-449s1 HFE-569sf2 HFE-347
pc-f
構造式 c-C5F7H3 CF3CF2
CHFCHFCF3
CF3CH2
CF2CH3
C4F9OCH3 C4F9OC2H5 CHF2CF
2OCH2CF3
沸点(℃) 82.5 55.0 40.2 61.0 76.0 56.2
密度(g/cm3)[25℃] 1.58 1.58 1.263(20℃) 1.52 1.43 1.47
粘度(cP)[25℃] 1.56 0.67 0.433(20℃) 0.58 0.57 0.65
表面張力(mN/m)[25℃] 19.6 14.1 15.0(20℃) 13.6 13.6 16.4
凝固点(℃) 20.5 -80 -35 -135 -138 -94
引火点(℃)  なし なし なし なし なし なし
Page top
メール化学品事業へのお問い合わせ
  • 製品販売に関するお問い合わせ
  • お問い合わせフォーム
  • 化学品販売部
    Tel:03-3216-0542
  • 製品技術に関するお問い合わせ
  • お問い合わせフォーム
  • 化学品販売部
    Tel:03-3216-0542
get ADOBE READER