nano-tech大賞を受賞印刷用ページ

2017年2月22日

日本ゼオン株式会社(社長:田中 公章)/ゼオンナノテクノロジー株式会社(社長:荒川公平)はこのたび、nano-tech実行委員会(川合知二委員長=大阪大学特任教授)より、「nano-tech大賞」を受賞しました。
「第16回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」(2017年 2月15日~17日 東京ビッグサイト)に出展した476社の中から、同実行委員会の審査会によって選ばれました。

「国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」は、世界最大級のナノテクノロジーの総合展示会です。
当社は今回の出展において、量産を開始したスーパーグロース法によるカーボンナノチューブ “ZEONANO™SG101” とその分散液、ゴム複合体、更にはこれを応用した熱界面材料などの製品を展示し、ZEONANO™SG101の応用展開へのソリューションと将来への道筋を提案しました。今回の受賞は、代表的なナノテク素材であるカーボンナノチューブ(CNT)の様々な産業分野への応用展開が期待される点が評価されました。

当社は、国立研究開発法人 産業技術総合研究所、サンアロー株式会社と共同で “日本ゼオン・サンアロー・産総研 CNT複合材料研究拠点” 設立で合意し、CNT複合材料の本格的な事業活動を開始しました。
今後もCNTを用いた応用展開で社会の期待に応えるべく努めてまいります。

メール本件に関するお問い合わせ
  • 日本ゼオン株式会社 CSR統括部門 広報室
  • Tel:03-3216-2747
お問い合わせフォーム
お知らせ・ニュース
お問い合わせ
掲載内容に関するお問い合わせ
広報室 Tel:03-3216-2747
お問い合わせフォーム